2030SDGsで変える
Twitterでツイート Facebookでシェア

自治体もSDGsに取り組んでいるのはなぜですか?

過疎化に悩む自治体にとって、SDGsは「指針」となるもの。政府も「SDGs未来都市」を選定し、補助金をつけています。

過疎や限界集落、少子高齢化などの課題に不安を抱く自治体が少なくありません。先が見えないなかでもがいている自治体にとって、到達点を示しているSDGsは1つの光明のようなもの。自分たちが抱える、答えのない課題をどう整理していけばいいのか、突破口と捉えているのでしょう。

また政府は18年から、自治体によるSDGsの達成に向けた優れた取り組みを提案する「SDGs未来都市」の選定を始めました。このような取り組みもテコとなり、自治体に関心が広がっています。